外食での糖質制限ダイエット方法

外食での糖質制限ダイエット方法

一人暮らし、会社での付き合い、どうしても作るのが面倒という方は普段から外食の生活が多い人も多いのではないでしょうか。
外食は一般的に太りやすいと言われいますが、糖質制限ダイエットを行うのであればそんな外食でもばっちり効果がある糖質制限ダイエット方法を説明します。

 

定食であればご飯抜きで注文

定食には必ずご飯もしくはパン、パスタなどの主食が含まれています。糖質制限ダイエットではご飯やパン、麺類は食べてはいけない食品となりますので、定食やセットであっても抜きで注文するようにしましょう。また定食の備え付けにあるポテトサラダやフライドポテト、強いていえばコーンも糖質ですのでお店の方には悪いかもしれませんがこちらは残すように食べるようにしましょう。

 

主食不足はおかずを増やしてボリュームアップ

主食のご飯やパン、麺類が無いとどうしてもボリューム不足は否めないのが事実です。そこで、おかず単品を追加してボリュームアップをするのもおすすめです。唐揚げや、葉物のソテー、ジャガイモが含まれていないサラダ等を追加することによって、ボリューム不足を補うことができます。
さらにタンパク質や脂質も増やせることができるので満足行く食事になるのではないでしょうか。

 

糖質を抜けば何を追加してもOK

糖質が多く含まれる食べ物以外、基本的には何を追加してもOKです。基本的にタンパク質や脂質が主になる食品ばかりで選ぶのも割りと決められてしまいますが日常的にタンパク質は不足しがちですので心置きなく食べて問題ありません。

 

調味料には気をつける

揚げ物の備え付けのソースやドレッシングには大さじ一杯で糖質約5g含まれています。ドレッシングもコクを出すために砂糖を使用している場合があります。そのため揚げ物のソースはなるべく使用せず、塩と胡椒で頂くようにしましょう。

 

フライ物は食べても良いが少し控えめに

揚げ物の衣には、少なからず小麦粉やパン粉、片栗粉がまぶされています。そのため完全な糖質制限ダイエットを行うのであれば衣を剥がして食べる、食べる量を減らす等の工夫はしたほうがよいかもしれません。(大量にたべなければそこまで気にすることはありません)
可能であれば小麦粉やパン粉を使用していないソテーの方が適しています。

 

オススメ糖質制限ダイエットアイテムは↓

ヴァージンココナッツオイル配合で中鎖脂肪酸の効果でケトン体を効率よく作りいち早く痩せやすい体質になるサプリメントです。糖質制限中のフラつきやハンガーノックもこちらでかなり軽減しました。本当にオススメです!